外国為替相場とは休みなく売買ポジション

ノートPCの前に座って休むことなく上下しているマーケットを見ていると、直ちに売買をしなくてはいられない衝動が沸き起こる場合も多いです。75-12-26

だが、はっきりしない思いつきで売買することだけは絶対に避けてほしい。75-7-26

ご存知の通り、為替相場は1日中いつでもいずれかの外国為替市場がオープンしているし相場も常に変動している。75-13-26

しかしながら、注文をしているとそれだけ損失が生じるリスクが高まってしまう。75-11-26

言うまでもなく、取引の数を積み重ねる事でトータルで勝利する確率が半々になるのは事実。75-19-26

しかしその事実は「明確でないアイデアで売り買い」とは別の話です。酵素 効能

売り買いの回数を積むというのは、自ずから「ここで勝負」と感じた自信を持った状態でのエントリー回数を重ねるという意味である。75-4-26

ただ、絶え間なくトレードを繰り返すのとは違います。75-14-26

外国為替相場の勝負に勝つためには、意識的にメリハリをつけることが必要です。75-16-26

「ここがチャンス」とよく考えたマーケットの時には、所持ポジションを多くして、思い切り儲けを追求します。75-8-26

「明らかに分かりにくい外国為替市場でどう変化するのか思いつかないな」と思い至った時は、持っているポジションをひとつ残さずクローズして何もしない。

それくらいのけじめをつけた方が最終的にエントリーは儲けられます。

相場の格言には「休むも相場」というものがあります。

まったくその通り。

外国為替相場とは休みなく売買ポジションを持つことが全部ではなく、何も所有せずじっと見ていることも場合によっては外国為替相場です。

それでは、どういう場面で、休むといいのでしょうか。

第1に考えられるのが、先に述べたように、最近の市場が明確に分からない時です。

どうなるのか明確でない時は間違って判断すると、自分の思い描いた物語とは逆の方向に外国為替市場が変動してしまい、損してしまいます。

こうした場面ではポジションを諦め、そのまま様子を見ているのが最良の選択です。

第2に、あなたの体の具合が悪いときです。

体調とマーケットに関係がない思う人もいるでしょうが現実には大きく関係がある。

体の調子がすぐれなければ、市場の失敗できない局面で、正しい決断を下すことが出来ない場合があります。

気乗りがしない時はトレードから遠ざかる事も必要な事です。

Copyright © 1996 www.ordinogolf.com All Rights Reserved.
75-20-26 75-5-26 75-10-26 75-6-26